中洲風俗の求人担当者との面接を迎える前に知っておきたいことをいくつか

実際に風俗業界で働き始めるのであれば、お店で面接を受けるという過程は外せません。インターネットなどで風俗の求人の情報を吟味したら、自分がこれだと思ったお店に連絡を取って、面接の予約を取り付けましょう。

■面接はすぐに決まるかも
風俗業界の場合、面接をしたらその場で採用が決まるということが多いので、もしかしたらそのまま体験入店という形で一日目から働き始めることになるかもしれません。では、風俗での面接を受けるときには、どういったことに気を付けておけばいいのでしょうか。

■風俗店の事情
基本的に、風俗業界ではどこのお店も女性スタッフがとにかくほしいと思っているものです。だからこそ即採用という風潮が多くなっているのですし、すぐにでも働き始めてほしいとお店側も思っていることでしょう。なので少し非常識だったりよほどのことでない限りはお店のほうも目をつむってくれることでしょう。

少し遅刻をしてしまったり、面接で口が滑ってしまったりなどは、一般的な会社の正社員になるための面接ほどは意識しなくてもいいかもしれません。ですが、あまりに度が過ぎるとお店としても採用をすることはできなくなってしまいます。風俗業界というものは客商売ですから、お客様に対してのサービスをすることが必須になります。

客に嫌われるようなことになってしまえば、お店そのものの評判が落ちてしまう可能性もあるのです。

■あくまで仕事と割り切ろう
面接で問題視されてしまうようなことがあると、報酬を少し低めに設定されてしまったり、不利なところが出てきてしまうかもしれません。風俗業界といってもあくまで面接ということを意識して、身なりや口調には常に気を付けておくのが一番です。

もちろん、途中で何か気になることがあればお店の人に聞くチャンスでもありますので、その場で疑問を残さないように聞いておきましょう。